ナースになる夢と結婚による離職

多くの女性が幼いころからナースとして働きたいと夢見ているものです。看護系の大学や専門学校での教育を経て、「ようやく仕事につくことができる」と誇らしげに職場に入ることがあると思います。そういった女性の場合は一生働いていくことを目指したいと考えるものです。しかし、医療現場で働いていると毎日が忙しくなってしまって、他のことに時間を費やしていくことができない状況になってしまいやすくなります。その仕事に就くという夢を昔から思い描いてきたからこそ頑張っていけますが、ふと結婚について悩んでしまうというのもよくあることです。
学校を卒業して仕事を始めるとなると、仕事が軌道に乗ったら近いうちに結婚をしたいと考える人が多いのではないでしょうか。子供を産みたいと思うなら、結婚や妊娠適齢期を逃すという事態は避けたいものです。しかし、ナースとしての仕事に本腰を入れながら婚活も並行していくというのはそれほど容易ではなく、どちらを優先していくか選ばなければならないことがあるようです。将来的にまた頑張れば良くて、今しかできないのは婚活だと考えて無事に結婚に至る人も大勢います。その後も仕事を続けようと考えていたものの、子育てを始めるとやはり両立が難しくなって離職することになってしまうということも多いのが実情です。そういった形になっても将来的にはナースとして復職するということはそれほど難しいことではないというのが資格を有していることのメリットですが、女性としてこういった育児や休職・復職の時期を経ることが多いのです。どうしても仕事と育児の両立が難しい場合、暫くの間は仕事をせずに休職するか、自分が思う条件に見合った新しい場所へ看護師として転職するのも良いのではないでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Powered by WordPress. Designed by Försäkra Online.