結婚後の理想的な働き方

女性の場合は結婚後に、これまでの独身時代と同じ様に職務に専念する事が難しくなります。とりわけ、病院勤務のナースの場合は土日や祭日も出勤を余儀なくされる事があり、夜勤を交代制で採用している場所も多く見られるために、結婚後も継続して同じ職場に勤務する事が困難です。そのため、結婚を機に多くの女性看護師が離職してしまうのが現状です。そのため、既婚者がナースとして働く場合は個々の希望した時間帯に働く事が出来る非正規雇用のシフト制を採用した職場を選ぶ事が大切です。これは常勤の看護師とは異なり、残業や早出などが少ないため家事や育児などの面で支障をきたす事が少なくなるのが利点です。
また、デイサービスやグループホームなどの介護関連の施設でアルバイト勤務を選ぶと、比較的自由に勤務日を決めることができます。デイサービス関連の施設は帰宅時間も一定のため、規則的な生活を送る事ができる点から既婚者には理想的な働き方です。そして治験や検診などの単発アルバイトの仕事を選ぶ事で、予め希望した日のみ勤務する事もできるのでプライベートを中心とした生活を送ることが出来るようになります。更に極めて短い時間に限定して看護師として働きたい方の場合は、夜勤専従という働き方も理想的です。看護師の夜勤専従という働き方は夜勤のみの就労ですが、時給は非常に高くなるのが特徴とされます。そのため、昼間の時間を自由に使うことができ、希望を満たす収入も得る事が出来る働き方になっているのが大きなメリットです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Powered by WordPress. Designed by Försäkra Online.