仕事への理解と職場結婚

ナースになることを目指して看護系の学校を卒業すると、仕事先では医療または介護の関係者と患者に囲まれて毎日を過ごすことになります。看護師の仕事場や介護の現場では女性比率が高いことから、出会いの場はそれほど多くはないものの医療現場では医師をはじめとする男性が多い職業ももちろんあります。仕事上で連携を取りながら仕事をするのが多いため、接点を持てることも多いことから職場結婚するというのは珍しいことではありません。
ナースの仕事というのは世の中の人にあまり理解されていない面が多いのが事実です。患者の立場から見てもそれなりに忙しそうには見えているかもしれませんが、早朝から夜中まで仕事に追われている姿を想像できる人はそれほど多くないでしょう。また、一日のリズムだけではなく、長期的な生活リズムを見ても、定期的に夜勤があって生活リズムが乱れがちであり、到底容易な暮らしをしているとは思えない状況にある人が多い実情です。そういった実態を理解してくれているのは医療現場で働いている人たちです。そのため、仕事に対する理解を得て結婚しても続けたいと思う場合には職場で相手を探すというのは良い方法となるでしょう。そういった自分のしている仕事への理解の深さという観点があることからナースが職場結婚をするということが多いのも事実であり、ただ忙しくて時間がないから他に出会いの場を求めていく余裕がないというだけではないのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Powered by WordPress. Designed by Försäkra Online.